不動産鑑定士は、不動産の鑑定評価を行う専門家です。

不動産鑑定士とは、不動産の鑑定評価に関する法律に基づき、国家試験、実務経験を経て国土交通省に登録された不動産の価格および適正な利用についての専門家です。
不動産の適正な価格を導き出すプロフェッショナルで、不動産の鑑定評価はもとより、土地の有効利用なども考慮したコンサルティング業務も行います。
業務は鑑定評価にとどまらず、不動産関連の企画や開発、管理といった部門などでも、その知識を活かして活躍しています。
また、金融機関から融資を受けるための担保物件の鑑定評価、不動産の運用、有効活用に関する相談など、その高度な専門性を活かし、多方面にわたって活躍しています。
不動産鑑定士でない人が、不動産鑑定評価を行うことは法律で禁止されています。
限りある国土だからこそ価値が問われる時代です。
土地問題の焦点は、適正な地価と適正な土地利用を、いかに図るかというところにあります。
近年、不動産鑑定士の認知度不足の為、受験生が減少し、合格者の高齢化が進んでいます。